<< 30℃未満 ✈ main ✈ 公式を見学 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

cetegory : - ✈ - ✈ - ✈ -
2016年11月17日(木)  by スポンサードリンク [ Edit ]

感想文

今観てる。
時をかける少女

時をかける少女
●フレッシュなキャスティング まったく新しい物語として作られるこの映画。キャスティングもフレッシュな声をとの、監督の考えで、総勢100人以上のオーディションが行われた。その中から選ばれた紺野真琴役は、仲里依紗16才。オーディションの第一声で、監督から、周りを幸せにさせるような声が真琴のイメージどおりとの太鼓判が。声優の仕事はこれが初めてというフレッシュな女の子だ。千昭役の石田卓也はキネマ旬報賞新人賞を獲得した実力派。ナチュラルな演技で高校生をリアルに演じる。功介役の板倉光隆は演劇出身。舞台で培った奥行きのある声で功介を演じる。真琴の叔母、芳山和子を演じるのは、監督のリクエストで実現した原沙知絵。ドラマや映画でその実力が注目される原が、和子の不思議な魅力を十分に引き出す。

観終へた。

フレッシュ、フレッシュつて、映画にとつてそんなに大切なことかなあ。

邦画にありがちだけど、映画のそれも主役に新人とか「このジャンルは初めて」みたいな人を起用するならするで、責任持つて指導しないとダメなのでは〜。
しかも、ヒロインの性格つてそれ程「周りを幸せにさせる」感じでもナイのでは〜。
これもありがちだけど、泣くときはまだ何とかごまかせでも、笑ふ場面が残念過ぎるといふのもありがちな事象ね。
走るときの「ハアハア」も私には耳障りだつたのよ・・・。
映画館ではどう響いてたんだらう・・・といふか監督はさういふのを計算して指導しないのかしら。
(『リング』のどれかでも女の悲鳴がただ騒がしいだけで、不快なだけで、怖さが増強されるわけでもないし、こんなのを映画館で聞かされた日にはたまつたもんぢやない、と思つた場面があつたわ・・・。)
素人考へでしかないんだけど、かういふのはしかし、発声の基礎が出来てゐたら、演技力不足も、もうちよつとカバー出来るやうな気がする。
お腹からキチンと声が出せてなかつたりするのかな〜・・・みたいな声つて、今はそれが可愛いと感じる人も多いんだらうけど、声だけ画面から浮いてといふか乖離してみえていけなかつたわ・・・アニメの中の光景に重ねて「スタジオでの収録風景」みたいなのをつい連想しちやふといふか・・・。

でもアニメだけでなくドラマでも、演技、といふより自分が見てきた他のドラマの誰かの演技の真似、コピーみたいな喜怒哀楽の演技が本当に多くなつてるんだなー。
普通に喋るときの抑揚とかも、日本人つてみんなこんなになつちやつたのかなー・・・普段からこんなワザとらしいこと極まりない喋り方をするやうになつてるのかなー・・・と標準語圏にゐないからよくわからないまま、不気味に感じる。
まあ、標準語といつてもNHKのアナウンサーの日本語が日本人の「標準」なんだつけ?

時をかける少女って神アニメじゃね?:アルファルファモザイクだった

確かに雰囲気はよかつたの。
背景とかさういふのは。
それだけ。
アニメにこんなこといふのもアレだけど、動画を観ずに、音声だけ聴いてみると、また異なる感想が出てくるのではないかなと。

ヒロインのガザツな話し方とか、現実の女の子達はもつと色々ヒドかつたりさうでなかつたりなんだけど、疲れる。
ああいふ振舞にしろ、同性愛にしろ、成長のプロセスとして子供時代の一時期にさうなつたり、憧れたりする時期があつたとしても(精神分析学的な解釈やその他の要因等は色々言へ過ぎるから略すけど)、徐々に・・・となるところが、今はならないといふか子供時代がすごーく長くなつてゐて、下手すりやずつとさうなのかもしれない人が増えてきた印象があるんだな。

さういや、二次元に固執する人の生まれたときからの生育状況なんかも調べて研究してゐる人つて、日本にゐないんだらうか(バカにしたりしてるわけではなく、調べれば新たに何らかの共通項とか出てきて面白いと思ふんだけど)。

が、軍隊もつてて時々戦争やつてる海外の医師やら専門家は、それらの事象に伴ふシビアな問題を扱はなければならない為に、ガンガンに努力してたりするんだけど、九条教信者のやうな病人が精神科医としてマスメディアでものすごくいい加減なことを吹聴してるやうな日本ではある。
cetegory : 雑文 ✈ comments(0) ✈ trackbacks(0) ✈ -
2012年07月18日(水) 03:35 by Emmanuel [ Edit ]

スポンサーサイト

cetegory : - ✈ - ✈ - ✈ -
2016年11月17日(木) 03:35 by スポンサードリンク [ Edit ]

Comment
SUBMIT COMMENT








    
Trackback
TRACKBACK URL