<< JUGEM dress ✈ main ✈ Girl No.1 取扱説明書 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

cetegory : - ✈ - ✈ - ✈ -
2016年11月17日(木)  by スポンサードリンク [ Edit ]

つれづれなるままに

Girl No.1をブラッシュ・アップしようと思ひながらも
まだ誰もDLしてないみたいだから追々やればいいや
と思つてゐたので
ついNo.2を作り出してしまつて
あつと云ふ間に夜中だわ。
早く寝ないと。

春頃から何だか妙に色んなことで焦りがちだわ。


それにしても
夏つてイイワネー。
ちよつと食べ過ぎても
寝る前に脚がむくんでても
エアコンつけずに眠りさへすれば
太らないどころか
痩せちやふんだもの。

薄着出来て全身で皮膚呼吸しやすい夏。
眩し過ぎる太陽が最高にカツコイイ夏。
「私、イマ、太陽系に住んでるんだ〜」感が最高潮に達する夏。
お盆前になると何とな〜く幽明の境が曖昧になつて
この世とあの世が融合してる感じが不思議で素敵な夏。

ああ
夏よ永遠に。

2012/07/28追記
涼しい夜中にゴソゴソと。
Girl1の改善中。
今ある女の子画像は茶・黄・緑系のものが多いので
新しく夏向きの素材が欲しいところね。

この素材でかういふのが作りたいなー
・・・と思つてゐるうちに心境の変化でどうでもよくなつてしまつたり。
かういふのが人気なのかなー
・・・と思つて無理して気乗りのしないデザインのテンプレートを作つてみても
途中で退屈して止めちやつたり。

色々ね。

SONYのMDR-XB700で聴くと
みんなどこかカッコイイ曲になるのが素敵。
新しいWalkmanが欲しいわ。
ああでももうね
毎年この時期恒例の
嘘臭いセンチメンタリズムが鼻に付く戦争ドラマなんか要らないと思ふの。
もういい加減飽きたわ。
(出 演者=主にアイドル系目当てに見た女子供が釣られて「戦争の悲惨さがよくわかりました云々」とか書いてるのを見ると不安になつちやふわ。所詮、ドラマなの で作り手側の氏素性も確り調べてよく考へてみよう!と叫びたくなつちやふわ。ついでに周囲に戦争体験者がゐたら、実際の体験談も聞いてみよう。結構人それ ぞれだから。つて感じだわ。)
NHKの怪しいドキュメントなんかでもさうなんだけど
何か後ろ向き過ぎたり、ネガティヴな方向に扇動されがちで疲れるの。
(大体、新たに判明した情報の中には前にNHKが垂れ流した特番自体を否定しないと始まらないものもあるんでないかしら。それをやらずに延々と当時の日本の粗探しとか。)
本当に今現在の日本人に周知徹底すべきだと思ふことは長くなるから略。
とりあへず、本当に自分の身の安全の確保をはかりつつ、世界を平和にしたいのならば、軍事、外交、経済、歴史等々一杯お勉強しなくちや無理だと思ふの。
しかも侵略とか植民地化とかいふのが、今現在の世界ではどうのやうに行はれてゐるか、スパイ天国日本におけるソレを国民に周知徹底させるどころか・・・とかNHKに言つてもナー。

冬が春頃に観た橋田さんの「99年の愛」だつたつけ
あれも中井さんがやつてたお父さんが死ぬところなんかが不可解だつたなあ。
開戦前に島根の山奥からアメリカに移住した男性が
あそこまでやるものなのかな〜。
(開戦よりかなり前の日本の教育つてどんなんだつたかなー。)
その他色々、当時の現実の体験談を調べたら
もつと感心するやうな逸話もあるにはあるんだけどな〜。
広島と沖縄もドラマ的には入れたいところなんだらうけど〜。
「そこまでいふならお前が作れ」になつちやふから、まあ、いいか。


さういや昨夜
カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW
で京都特集第1弾をやつてゐたけど
「京都の人は誇りを持つてゐて、(日本の)いろんなものを守らうとしてゐて云々」みたいなことを、どこかの大学の教授が誰かが解説してたけど、その割りには現状がモノスゴク酷いわね。
最近の傾向はどうなのか知らないけど、かつては大学からしてやられちやつてたもんね。
伝統、伝統つて言はれても、そこらへんまで他国勢力やアレな勢力に侵食されてる話をよく聞くけど、どうなつてんのかしら(これは京都のみならずとはいへ、京都だからこそガツカリだわよ)。

JUGEMテーマ:日記・一般
cetegory : テンプレート ✈ comments(0) ✈ trackbacks(0) ✈ -
2012年07月27日(金) 03:24 by Emmanuel [ Edit ]

スポンサーサイト

cetegory : - ✈ - ✈ - ✈ -
2016年11月17日(木) 03:24 by スポンサードリンク [ Edit ]

Comment
SUBMIT COMMENT








    
Trackback
TRACKBACK URL