<< 妥協 ✈ main ✈ せはしない夏 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

cetegory : - ✈ - ✈ - ✈ -
2016年11月17日(木)  by スポンサードリンク [ Edit ]

もう秋ね

去年の夏は
大震災のゴタゴタに気が行つてたから
どうだつたか記憶がないんだけど
毎年かうだつたかな〜?
といふくらゐ
今年は8月に入つてからピタツと
日光とかの勢ひが色あせつつある感じ。
なので何か今年は
7月で「真夏」が終はつてしまつた感あり。
夏が一番好きなのに(泣)。

さつきちよつと調べたサイトをメモ。

旧暦 - Wikipedia

1997-2000年の新暦・旧暦対応表

今、観てる番組。
いやーん、新体操も観たいのに。
懐かしの昭和メロディ: 週間番組表 : 番組情報 : テレビ東京

【美空ひばりコーナー】
『悲しき口笛』『東京キッド』『お祭りマンボ』『ひばりのマドロスさん』『港町十三番地』『車屋さん』などの名曲をメドレーで。

【石原裕次郎コーナー】
『俺は待ってるぜ』『黒い海峡』『銀座の恋の物語』『赤いハンカチ』などの名曲をメドレーで。

【昭和10年代コーナー】
川田正子、ディック・ミネ、東海林太郎、淡谷のり子、松島詩子、藤山一郎、霧島昇、渡辺はま子、灰田勝彦

【昭和20年代コーナー】
林伊佐緒、二葉あき子、織井茂子、伊藤久男、並木路子、菊池章子、平野愛子、岡晴夫、近江俊郎

【昭和30年代コーナー】
三波春夫、春日八郎、三橋美智也、村田英雄、松山恵子、坂本九、松尾和子、フランク永井

【昭和39年ヒットメドレー】
『アンコ椿は恋の花』都はるみ、『涙を抱いた渡り鳥』水前寺清子、『お座敷小唄』和田弘とマヒナスターズ、『女心の唄』バーブ佐竹、『ああ上野駅』井沢八郎、『愛と死をみつめて』青山和子、『柔』美空ひばり、『東京五輪音頭』三波春夫

出演者

【司会】宮本隆治、松丸友紀(テレビ東京アナウンサー)
【ゲスト】岡本敦郎、雪村いづみ
CD買へばいいんだけど、レコーディングでは優等生的な歌ひ方をしてゐるものが多いので、それよりもLIVEでの歌唱の方が何十年も歌ひ込んでゐるのもあるし、喉といふか体力等々衰へつつあるものを補つてあまりある感情表現とかが素晴らしいものが多かつたりもして、TVで観る方が感動するんだなあ。
特に晩年になればなるほど、いい歌唱といふのも多かつたりして。

とりあへず、歌手の歌唱力や日本語の発音、曲のメロディー、歌詞ともにこれくらゐ昔の歌の方が好きだなあ。

10月までに動画サイトでDL出来るものはしておかないとイケナイみたいなので焦るわ。
もう本当に呆れちやふわ。

菊池章子さんの「星の流れに」は何度聴いても涙が出ちやふわ。
YouTubeでちあきなおみさんのカバーの方がいいと書いてる人がゐたけど
この歌そのものを理解してないからさう思ふダケのではないかと思つたわ。
ちあきさんのどこかブラックなアンニュイ感が漂ふ歌ひ方のはうが
現代人ウケするのかもしれないけど
この歌が作られた時代の空気がちつとも感じられない気がして
興味がわかなかつたわ。

ああ、今岡本敦郎さんが歌における日本語についての私の思ひを代弁して下さつたわ。

とかJUGEMで書いてもなあつて気がしてきた。
人気のレビューとかJUGEMのTOPとか見てさう思つた私。

ついでに市内の百円ショップのBGMで
売れてるんだか売れてないんだかわからないアイドルの曲なのか何なのか
正体不明のJ-POPが流れてるんだけど
歌詞といひメロディといひ編曲といひ
昭和の歌謡曲よりも酷くていつも吃驚しちやふわ・・・。
「TIGER」が大阪にオープンしたことだし(行つたことはナイけど言つてみるわ)
日本の従来の百円ショップもより洗練されるといいね・・・BGMも含めて〜。



保安隊の戦車行進、そんな時代もあつたのね。
今も平和ボケ防止の為にやればいいのよ。

【ベテラン記者のデイリーコラム・鹿間孝一のなにわ逍遙】写真集「昭和の大阪」は「三丁目の夕日」だ(2/3ページ) - MSN産経west

 自衛隊の前身の保安隊の戦車が御堂筋を行進するショット(28年11月)も貴重な1枚だ。今なら大騒ぎになるだろう。

【からだ こころ いのち 夏の特別編(1)】アダルトビデオ大国日本でセックスレスが多い謎(2/3ページ) - MSN産経west

 日本の男性たちは、パートナーがいてもAVを見続ける人が少なくなく、そのことが彼女とのけんかの原因になったり、彼女が男性はそういうものだと諦めたりするとよく聞く。日本のAVは男性目線で女性だけが被写体になっていることが多く、女性は受動的に描かれ、男性の女性に対する思い込みにあふれている。コミュニケーションというよりは、男性の妄想世界の表現といえる。

 これは日本の伝統だとは全く言えない。江戸時代の春画が多彩に描いたのは、男女の交わりのコミュニケーションだった。男女とも能動的な主体として描かれ、男性中心の内容でないためもあり、子供も女性も喜んで見ていたという。

江戸時代の春画といふか春本つて
本によつては絵の上手下手があるけど
とにかく文章で日本人の言語感覚の面白さが味はへていいと思つたなあ。

といふのはさておき
日本のAVといふのは
節度あるヒトにとつては性犯罪抑制の一環になる場合もままあるのかもしれないとはいへ
実践に役立つ技術やコミュニケーションを学べるやうなモノではない
といふことなのかどうなのか。

参考。

迷惑な韓国 〜気持ち悪く勘違いで、頭の中は24時間日本のアダルトビデオだけの韓国男性の皆様。+本当の韓流について。〜

ブログ『迷惑な韓国』さん休止(T_T) - SAKURAの日記

オマケ。

犯罪心理学:心の闇と光(アクセス数3000万の心理学定番サイトこころの散歩道)

JUGEMテーマ:日記・一般
cetegory : 雑文 ✈ comments(0) ✈ trackbacks(0) ✈ -
2012年08月10日(金) 19:54 by Emmanuel [ Edit ]

スポンサーサイト

cetegory : - ✈ - ✈ - ✈ -
2016年11月17日(木) 19:54 by スポンサードリンク [ Edit ]

Comment
SUBMIT COMMENT








    
Trackback
TRACKBACK URL